第1回関東大会公式レポート

[1]会場まで
[2]未公開Flash上映、プレオープニング
[3]開会の挨拶、ルール説明
[4]デッキ製作、トレード、練習タイム
[5]トーナメント開始
[6]3位決定戦、決勝戦
[7]ゲストクリエイター狩り
[8]表彰式、閉会の挨拶
[9]交流会

07/03/10に東京原宿ステップインにて記念すべきFlash&Shadow第一回大会が開催されました。
皆様のおかげで、数日で定員を超える応募があり、この場を借りてお礼申し上げます。会場に来れなかった方、今後大会に来る方の為に当日の雰囲気をタイムスケジュールに合わせてレポート!

HiPAiN氏制作の会場POP。氏の独特のユーモアに満ち溢れています!

[1]会場まで
会場が竹下通りの路地にある為、特設コンテンツにて写真付で丁寧なガイドを載せましたが何か目印を置いた方が良いと考え、急遽ゲストクリエイターのHiPAiN氏と共同でポスターを作製、会場周辺に張ったおかげで道に迷うこと無く来場できた方も多いのではと思います。

※当日会場周辺の様子、許可をしていただいた会場に感謝!
▲このページのトップへ
[2]未公開Flash上映、プレオープニング
2:00より未公開Flash上映及び、今回特別プレオープニングとして特別ゲストの「ワシ@部屋長」氏による パフォーマンスが行われ、会場の皆様を爆笑の渦へ!?
ワシ@部屋長氏が今回の為だけに作ってくれたジョークフライヤー。 会場ではこのフライヤーと、この場ではとても見せられない特別映像を使いコント仕立てで場を圧巻。 氏曰く、Flash&Shadowの新しい遊び方はカードでダイエット、本気にしちゃダメです(笑)

【未公開Flash1、HiPAiN氏によるFlash&ShadowプロモーションFlash完全版】

【未公開Flash2、みのぷう氏製作、Flash&ShadowオリジナルキャラみーやんFlash】
 
▲このページのトップへ
[3]開会の挨拶、ルール説明
Flash上映やプレオープニングで会場が温まってきたので、ゲストクリエイター兼DJのみのぷう氏による開会の挨拶が行われ、スクリーンとプロジェクターを使ったルール説明が行われました。
み〜や氏製作のチュートリアルFlashを使い、スクール形式でのルール説明。 来場時に貰ったカードを見ながら、質疑応答する場面もあり、早くもトーナメント参加への熱気を感じました。
一通りの説明が終わった後、ゲームの流れを把握してもらう為にゲストクリエイターのみ〜や氏とHiPAiN氏によるエキシビジョンマッチが行われ、この様子は天井に取りつけたカメラを通して中央のスクリーンで放映しました。
一部の参加者はプレイヤーの隣に座って興味津々にプレイを観察していました。
▲このページのトップへ
[4]デッキ製作、トレード、練習タイム
エキシビジョンマッチが行われルールも把握できたところで、休憩も含み約2時間のデッキ製作、トレード、練習タイムを設けました。
当日物販ではカードパックセットを始め、ソフトドリンク100円、アルコール200円、おつまみ無料という良心的な価格で参加者にご提供いたしました。中には主催のジョークで大会前日横浜中華街にて仕入れてきた爆竹等も販売されていたました(笑)
そして当日会場ではたけはらみのる氏の提案により来場者全員にこしあん堂グッズをプレゼントするサプライズ企画も実施されました。
各テーブルにゲストクリエイターが1名待機して、デッキ製作のアドバイス等を行い 皆様各々、カードを買い足したり、すでに購入したカードを元にトレードを持ちかけたりトーナメントに 向けて和気藹々とデッキ製作に取りかかっています。
中にはいきなりカード20パックを購入する兵(つわもの)もいて会場はヒートアップ!!
デッキ製作が完了した人達は、声をかけあってトーナメントに向けて練習プレイを開始、デッキの動きによって調整する参加者もいて、意気込みを感じられました。
▲このページのトップへ
[5]トーナメント開始
デッキの製作、調整が終了した所でいよいよトーナメントの組み合わせ発表。 入場時ランダムに配られた、番号を元にホワイトボードに組み合わせが発表されました。
トーナメントにはゲストクリエイターのたけはらみのる氏、HiPAiN氏、みのぷう氏も電撃参戦!!ゲストクリエイターは負けた場合、好きなカードを一枚参加者に渡す(補充不可)、自分の製作したカードをメインにデッキを製作するという条件付で参加。
波乱に満ちたトーナメントがついに開催です、合計22名、最大5試合を制して優勝するのは誰か!?
第一回戦はゲームに慣れていない方がいるのを配慮してゲストクリエイター全員+主催が各テーブルにジャッジとしてゲームの進行を見守っていました。
また、人数の都合上1回戦のみ2回に分けて行われました。大会時、弊社提供の携帯ライフカウンターを使用する参加者が多数おり大変便利との声も。
▲このページのトップへ
[6]3位決定戦、決勝戦
数試合が終了し激戦繰り広げられたトーナメントもいよいよ3位決定戦と決勝戦を残すばかりとなりました。トーナメント形式なので、運の要素も強く波乱に満ちた場面が多々見受けられました。
まずは3位決定戦の様子から。
どちらが3位景品ムラサマブレードを手に入れるかの大事な一戦。緑をメインとした、防御デッキVSマルチカラーコンセプトデッキの対決です。リバースを駆使し、長期戦を想定して粘りましたが、わずかな差でマルチカラーコンセプトデッキ(MCCD)の勝利!!
惜しくも緑デッキは4位となりましたが、今回4位の方とフリープレイで一番健闘した方に主催が個人的にシークレット景品をプレゼントいたしました。
決勝戦は実況もつき、試合状況を逐一解説、参加者の方はその実況に耳を傾けながら 右写真のように会場で知り合った方と、フリープレイをする姿も見受けられました。
決勝の様子はというと HiPAiN氏は「物乞いの村」と「馬鹿なウサギ」のコンボをメインとした赤、青デッキ。みのぷう氏は「みーやん」シリーズを使い、法王みーやんで逆転を計るみーやんデッキ での決勝戦となりました。
決勝だけあり、お互い読み合いを繰り返し白熱した戦いとなりました。惜しくも、法王みーやん召還コンボを幾度も破られ、HiPAiN氏の「物乞いウサギ」デッキが優勝!公式ページにてHiPAiN氏が組んだ大会参加デッキの中身を発表しています。
▲このページのトップへ
[7]ゲストクリエイター狩り
今回の大会企画の1つである、ゲストクリエイター狩りの様子をお伝えします。
※ゲストクリエイター狩りとは、フリープレイ時やトーナメント時ゲストクリエイターに対戦を挑み勝利した場合、ゲストクリエイターのデッキより1枚好きなカードを貰えるイベントです。ゲストクリエイターはその後カード補充ができなくなる為、一度負ければ連鎖的にカードが奪われる恐れがあります。
決勝戦や、3位決定戦が行われる中フリープレイが頻繁に行われ、ゲストクリエイターが次々と対戦を申し込まれる状態にありました。
ゲストクリエイター狩りにて、み〜や氏を破りシークレットレアの「ダーククリスタル」を奪う兵。
一方絶望に打ちひしがれるみ〜や氏・・・一度狩られるとトコトン狩られるのがこのイベントだ!!(み〜や氏は大会終了後、デッキ内のレアカードを殆ど奪われてしまいました)
▲このページのトップへ
[8]表彰式、閉会の挨拶
長かったトーナメントもついに決着がつき

1位:HiPAiN氏 大阪大会招待
2位:みのぷう氏 商品券5,000円
3位:MCCD(デッキ名) ムラサマブレード

という結果に落ち着きました。
トーナメントに勝利した3名、右に写っているのが噂のムラサマブレードです。
表彰式後、閉会の挨拶と共に、次回大阪大会に参戦するゲストクリエイターnae氏とAKIRA氏が出演するビデオレターが上映されました。
そのあまりにもアナーキーな内容に会場内大爆笑、これを見て関東大会出場者が関西大会にも出場を決意したという声も!?終わり間際に皆さんを笑わせてくれた、2人のゲストクリエイターに感謝。
(余談ですが、この数分のムービーを撮るために双方のクリエイターのスケジュールを調整してスタッフは九州より大阪に行きました)
▲このページのトップへ
[9]交流会
大会終了後、希望者全員参加でFlash&Shadowゲストクリエイター交流会が行われ会場は渋谷のお洒落な個室レストランを用意いたしました。
貸切にした為、ちょっとしたパーティー形式に。トーナメントの疲れを癒し豪華な食事を楽しみながら、ゲストクリエイター達と楽しく談笑したりテーブルを利用してカードゲームを続行したり、トレードを持ちかけたり、皆さん自由に楽しんでいました。
食事も一通り終わり、デザートを食べ、楽しかった交流会もレストラン閉店時間となり外に出てみのぷう氏と主催の閉会の挨拶で一旦御開きに。報告によると、この後大会の熱が冷めず徹夜でFlash&Shadowをプレイするグループもあったそうです。
交流会時、次回大会の要望等が数多く主催に寄せられ、生の貴重な意見を聞かせていただくことが出来ました。皆様からの意見は次回大会時に参考にさせていただきます。今回の大会はカードゲーム大会では珍しく女性参加者も目立ち、様々なユーザー様に支えられているのだなと改めて肌で感じました。
皆様、御参加誠にありがとう御座いました、改めて御礼申し上げます。このレポートを見て興味が湧いた方は今後行われる大会にご参加してみては如何でしょうか?次は大阪大会でお待ちしております!!

2007/03/26 NBIWAVE

※1大阪大会の詳細、ルール等は近日web上で公開いたします。
※2今回使用している画像は一部ぼかし等の加工処理しております、ご了承下さい。
▲このページのトップへ
Flash&Shadowオフィシャルサイトへ
Flash&Shadowオフィシャルサイトへ